仙台のき●なシュラン!? 青葉区大町にある『三好食堂』のクセが強すぎる!

2019.11.26

三好食堂の店内画像

かつて、テレビ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』で人気を博した企画“きたなシュラン”。店構えが残念なものの、味は間違いない飲食店を格付けするコーナーだ。

そんな“きたなシュラン”なお店が仙台市・青葉区大町にあるという情報をゲットしただてらぼ取材班。

さっそく突撃取材を試みるが、想像以上のきたなシュランっぷりに、いい意味で衝撃を受けたことだけ先に伝えておく。店構えと味のギャップよ……。

三好食堂にレッツゴー!

口コミによると、その店の名は「三好食堂」という。たしかに響きが古風で、いま風ではない装いが想像できる。

地図を頼りに向かったが、あまりのひっそりっぷりに1度通り過ぎてしまった。

三好食堂の外観画像

1度スルーした後、2度目にして発見

三好食堂の入り口周辺の画像

積み上げられた植木で入口が死角になっていた

三好食堂の看板画像

じつに年季が入った看板

三好食堂のカレーライスの張り紙

洗濯バサミで留められた紙っぺらには「カレーライス」の文字が

訪れたのは平日の11時20分ころ。

外から見る限り店内は真っ暗だが、ランチは11時からオープンということで勇気を振り絞って突入してみることに。ゴクリ……。

三好食堂の店内の画像

恐る恐る店内に足を踏み入れる……が、店内はやはり真っ暗。やってるのか?

店内に入って3回ほど「こんにちは〜」と叫ぶものの、いっこうに出迎えてくれる気配はない。おーい、気づいて〜(笑)。

三好食堂の店主の画像

(!?)店の奥に人が……

よ〜く見ると奥に人がいる。こちらの気配に気づいたのか、ようやく店主らしき女性が出てきてくれた。

「ごめんね、今てんぷら揚げてて手が離せないんだわ〜」

直後に取材を控えていたため、一度退散し、夜にもう一度訪れることにした。

気を取り直して夕方に再訪

三好食堂の夜の外観画像

夜は夜でまた独特な雰囲気……

気を取り直して訪れたのは、すっかり陽も落ちた18時30分ころ。多少の入りづらさはあったが、「取材だからしょうがない」と言い聞かせて突撃である(!)。

三好食堂の店内画像

ファッ!?!?!?!?!?

口コミどおり乱雑なイメージは否めない。まずはダイジェスト版で三好食堂の店内を見ていこう。

三好食堂のテーブルの画像

入り口の近くのテーブルはモノ置き状態に

三好食堂の店内画像

店内奥のテーブル。入店時、店主の女性がこのテーブルで食事中だった

三好食堂の店内画像

穴でも開いたのだろうか。郵便物でふさがれていた

三好食堂の店内画像

そろそろ不安になるよ(笑)?

衛生管理のための手引書の画像

でも、「衛生管理のための手引書」があるからオールオッケー……なはず!?

三好食堂の店内画像

とにかくカレンダーが多い(この謎はのちに解明)

三好食堂の店内画像

調味料の数も負けちゃいない

三好食堂のメニュー表の画像

そのぶん、メニューも豊富なのだ

三好食堂のメニュー表の画像

「ハムエッグス」のクセの強さよ(笑)

三好食堂の料理のお味とは?

“きたなシュラン”なお店ゆえ、店内の乱雑さは致し方ない。むしろ、足の踏み場もないほどひどい惨状を想像していたので、許せる範囲である。余裕っしょ。

三好食堂の割り箸の画像

割り箸があれば少しくらい乱雑でも余裕でオッケー

「味は間違いない」ということだが、よりおいしいモノを食べたいので店主におすすめを聞いてみると、「とくにない」と一蹴された。いい換えると、「どれもおいしい」ということだろう。さては、謙遜しちゃってるな?

三好食堂の店長の画像

店主の大沼はるゑ(おおぬま・はるえ)さん

迷ったあげく、「てんぷら定食(820円/税込、以下同)」をオーダーすることに。

三好食堂のてんぷら定食の画像

待つこと10分。「てんぷら定食」とご対面

てんぷらだけかと思ったら、納豆にたくあん漬けに冷ややっこにかなりボリューミー。これで820円ならかなりお得だろう。

三好食堂のてんぷら定食のてんぷらの画像

てんぷらの内容は「さつまいも」「なす」「ソーセージ」「たまねぎ」

天つゆがなかったので、店主に聞いてみると……

三好食堂の天つゆの画像

どん! 1.6リットル入り。なんて大盤振る舞い……違うか!?

いただいた天つゆをたっぷりつけ、さっそくいただきま〜す。

三好食堂のてんぷらの画像

粗めの大根おろしがめちゃくちゃワンダフル!

厚すぎず薄すぎず、ほどよくさくさくした衣が食欲をそそる。適度にてんつゆを含み、口に入れた瞬間、なすの旨味が口の中に広がる。意外だったソーセージのてんぷらもめちゃくちゃおいしい。てんぷらにすると、こんなにおいしいんだ——。そう思わせられる瞬間だった。

三好食堂

皿のクセが強すぎる……(笑)

三好食堂ってどんな食堂?

三好食堂の店主の画像

教えて、店主の大沼さ〜ん!

確かに店構えは多少残念な感じだが、料理の味は間違いなくおいしい。そこで、「いつオープンしたのか」「なぜカレンダーがこんなにあるのか」——。気になることを店主の大沼さんに聞いてみた。

——「三好食堂」はいつからやってるんですか?

店主・大沼さん
店主・大沼さん
建て替えたのは1971(昭和46)年くらいだからもう50年近く経つね。

——「建て替えた」ってことはそれより以前からあるんですね。

店主・大沼さん
店主・大沼さん
そう。わたしがここで働きはじめたのが1967(昭和42)年くらいなんだけど、その後すぐに建て替えたのよ。ここじたいは戦後から食堂としてやってんだけどね。
三好食堂の店主の画像

大沼さんは現在79歳(!)

——お母さんひとりで切り盛りしてるんですか?

店主・大沼さん
店主・大沼さん
いまは、ランチタイムだけ長男が手伝いに来てくれてね。わたしの子守みたいなもんだな。

——お父さんとふたりだと思ってました。

店主・大沼さん
店主・大沼さん
お父さんは8年前に亡くなったのよ。ガンで。それまではお父さんとふたりでやってたよ。
三好食堂の店主の画像

しみじみ語ってくれた大沼さん……

——三好食堂はどういうお客さんが多いですか?

店主・大沼さん
店主・大沼さん
うーん、誰も来ない(笑)。

——誰も?

店主・大沼さん
店主・大沼さん
そう。コンビニができてからは誰も来ないよわ。前はホテルの宿泊客とかも来てたけど、ホテルでご飯が食べれるでしょ。

——確かに。

店主・大沼さん
店主・大沼さん
だからね、前は朝7時から開けてたんだけど、いまは11時から14時に短縮したのよ。

——今日、11時過ぎに来たのに開いてませんでしたね(笑)。

店主・大沼さん
店主・大沼さん
日によって違うのよ。今日はてんぷら揚げててね(笑)。待っててもらえば良かったなや。

——いえいえ。夜の営業時間は?

店主・大沼さん
店主・大沼さん
一応、18時から21時まで。お客さんが誰も来ないときは、早く閉めることもあっけどね。
三好食堂の画像

営業しているかは電話で確認すべし

——定休日が書いてなかったですが、もしかして年中無休ですか?

店主・大沼さん
店主・大沼さん
用事あっときに休む感じだな。そのときどきだね。

——土日もやってるんですね。

店主・大沼さん
店主・大沼さん
やってっけど、土曜日は秋保に日帰り温泉に行って帰ってくんのが12時過ぎなんだよ。だから、午後からなのよ。

——そういえばこの店、やたらカレンダーが多くないですか?

店主・大沼さん
店主・大沼さん
みんな持ってくんのよ。貼ってないと「うちのないじゃん」って言われんじゃないかと思って。

——優しさ、ですね。

三好食堂の店内画像

ここに写ってるだけでも4つのカレンダーがある

そんな優しさに溢れた大沼さんの作る料理は、小さいころに母親が作ってくれたそれと味が似ていた。確かに、店構えは残念かもしれないが、味は間違いないので、家庭の味に飢えている方は「三好食堂」にレッツゴー。

\この記事も読まれてます/
社食なのにおしゃカフェ風!? NHK仙台放送局の社食『やっぺぇキッチン』に潜入!

【仙台国分町】爬虫類バー「レボル」のゲテモノ料理がやばすぎる!

『三好食堂』
・住所:宮城県仙台市青葉区大町2-5-14
・電話番号:022-223-9368
・営業時間:ランチ11時~14時、ディナー18時〜21時
・定休日:不定休
・禁煙/喫煙:喫煙

この記事を書いた人

つきの萩子

つきの萩子

東京の雑誌編集部で3年働いたのち、仙台と萩の月とほやが好きすぎてUターン。まだまだ知られていない仙台のディープなネタを発掘します。

関連記事